studiocedar の BKIT blog

RX100m6やLX100などのコンデジやミラーレスカメラネタを中心に、時々まちおこし情報をお伝えします!

RX100m6はオールマイティーコンデジ!各社コンデジと徹底比較!

f:id:Studiocedarv:20181110140732j:plain

こんにちは。カメラのキタムラ大好きなスギちゃんです。

 

私はRX100m6を使っていますが、本当にオールマイティーなコンデジだと思います。
ほとんどの撮影シーンで困ることはありません!
今回はそんなRX100m6がいかにオールマイティーなのかを確認していきましょう。
 
目次

色々なコンデジが気になる!

今年に入ってからも色々なコンデジが発売されており、正直なところ私も目移りしてしまうような状況です。
LX100m2やGR2、X100Fなどなど。
どのコンデジも素晴らしいのですが、カメラメーカー各社も特色を変えて発売しているため、各コンデジの特性をしっかりと把握して購入しないと後で後悔してしまうことになってしまいます。
この記事では各コンデジを超主観で比較してみたいと思います。
 
 

比較するコンデジはこちら!

ソニー RX100m6

FUJIFILM X100F

Panasonic LX100m2

RICOH GR2
各メーカーコンデジの比較

主要な諸元と私個人の超主観で点数をつけてみました。

 

RX100m6

X100F

LX100m2

GR2

G7Xm2

本体サイズ

101.6*58.1*42.8

126.5*74.8*52.4

115*66.2*64.2

117*62.8*34.7

105.5*60.9*42.2

重量

274g

419g

350g

221g

294g

センサーサイズ

1インチ

APS-C

4/3

APS-C

1インチ

画素数

2010万

2430万

1700万

1620万

2010万

焦点距離

24-200mm

35mm

24-75mm

28mm

24-100mm

 

 

 

 

 

 

携帯性

10

6

6

8

10

静止画性能

7

10

8

10

6

動画性能

10

6

10

6

8

解像感

7

5

10

10

7

付加価値

8

10

8

6

5

※点数は10点満点

携帯性

携帯性はRX100m6とG7Xm2が一歩抜きん出ています。ジーンズのポケットにも納まるサイズ感。GR2も少し長いのですが薄いため同様に携帯性には優れています。

X100FとLX200m2は一回り大きなサイズなので、コンデジとミラーレスの中間的な位置付けなのかもしれません。

静止画性能

センサーサイズで判断しています。X100FとGR2はAPS-Cサイズセンサーで最も大きいです。

LX100m2はそれよりも少し小さなマイクロフォーサーズセンサーを使っています。ただしマルチアスペクトなので中央部のみ使用しているので個人的にはAPS-Cと遜色ない感じかと。

RX100m2とG7Xm2はコンデジの中では大きな1インチセンサーですが、他の機種と比べるとどうしてもこんな点数をつけざるを得ませんね。G7Xm2ha少し古いので1点下げました。

動画性能

必要な人と不要な人が分かれるのが動画性能かと思います。最近はスマホでも4K動画が撮れますもんね。

RX100m6とLX100m2は動画も4Kで撮れますが、その他の機種はFHD止まりだったり、mp4で撮影できなかったりと1.5歩ほど遅れているイメージ。

遅れているというよりも動画機能を切り捨てている感じでしょうか。

解像度

これはいわゆる『カリカリ』に撮れるかどうか。X100Fのようにふわっとした作例を得意としたカメラもあるので、一概にカリカリに撮れればいいというものでもありません。

参考程度にしてもらえればいいかもしれませんね。

GR2とLX100m2のカリカリ感は言わずもがな。

付加価値

自分にとってどんな付加価値があるかを点数化しました。(ここで完全に主観的になってしまいますね(^_^;))

RX100m6は200mmの望遠が新しい構図を私にもたらしてくれました。本当は10点をつけたかったけど身内びいきになるのも嫌だったので少し控えめの8点。

X100Fは外観のかっこよさもあって本当に欲しいコンデジ。もう少しお金があれば買うのに…ダレカカンパシテ…

LX100m2は初代も持っていますがブツ撮りに最高なのと動画性能、クラシカルなデザインが私の物欲を刺激します。パナソニックのカメラはすぐに値落ちするのでもうしばらく待ちかな?

GR2も先代を持っていましたが硬派なオトコって感じしますよね。動画に強くないので点数を下げました。

G7Xm2は後継機に期待という意味で同じく点数を下げました。

 

RX100m6は中心をいく

各コンデジで特徴がありますが、結局のところRX100m6は各特徴の中心を選択しているように感じます。

 

それを模式図にしまてみました。

(G7Xm2は他と比べて古いコンデジなので模式図からは外しました。)

3つの特徴は一例ですが、どれも満遍なくカバーしているのがRX100m6です。(あえていうなら200mmという特徴を有しているのもRX100m6ですね)

f:id:Studiocedarv:20181111093554j:plain

 

結局のところ何が言いたいのか 

つまり私が何を言いたいのかというと

  1. RX100m6は最高のオールマイティーコンデジである
  2. どのコンデジを買えばいいのか悩んでいる人はRX100m6を購入すれば大きな後悔はしない
  3. RX100m6を持ってても、他のコンデジを買ってもいいでしょ(?)

ということです。

 

私はRX100m6とともに生活していきますが、もしかすると別のコンデジさんに浮気しちゃう時が来るかもしれません。

でも本命はRX100m6さんであることには変わりませんよ!(都合がいい?)

 

RX100m6はサブ機ではない

最後になりますが、カメラを趣味にしている人はよく『サブ機』という言い方をされます。

しかしRX100m6はサブ機にはなりません。

メイン機(一眼レフやミラーレス機)よりも性能が落ちた『とりあえず』のカメラではなく、『コンパクト』という誰にも真似できない性能を持った一つのメイン機なんだと思います。

『メイン』や『サブ』の考え方を改めて、楽しいカメラライフを過ごしたいと思います^^

 

追伸

本記事は大阪への移動中に電車内でまとめていますが、ちゃんとRX100m6を持ってきていますよ!夕方や夜の梅田を撮れたらいいなぁ〜^^

あ、あとLX100m2やGR2もヨドバシで見てこようっと! 

 

 

LX100m2を見てきた結果をまとめてみましたよ〜

www.studiocedar.life