studiocedar の BKIT blog

RX100m6やLX100などのコンデジやミラーレスカメラネタを中心に、時々まちおこし情報をお伝えします!

『OLYMPUS TRIP35』でいくフォトウォーク!フィルムカメラはデジタルにはない魅力がある!

f:id:Studiocedarv:20181109165915j:plain

こんにちは。スギちゃんです。

 

先日『宝とウォーク』というフォトウォークを主催し、その際にフィルムカメラ『OLYMPUS TRIP35(オリンパス トリップ35)』を使って撮影してきました。

『宝とウォーク』の様子はこちら

www.studiocedar.life

 

フィルムカメラにも少しずつ慣れてきました^^

ソニーのミラーレスカメラα7Rⅲも同時に持って参加していたのですが、デジタルカメラでは撮ることのできない写真がたくさん撮れたので、改めてフィルムカメラの魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

撮影に使った『OLYMPUS TRIP35』とは

昭和43年にオリンパスから発売されたレンジファインダーカメラです。
ちょっと持って出かけれるようにと『トリップ』という名前が付けられました。
もちろんフィルムカメラです。
アイキャッチのフィルムはFUJIFILMのリバーサルフィルムですが、今回はネガフィルムを使って撮影しました。
 

ソニーのミラーレス『α7Rⅲ』とは

この世で一番素晴らしいミラーレスカメラです。☺️
ソニーのミラーレスカメラの『ほぼ』フラッグシップ機。
4200万画素でこの世の風景を見たまま、いやそれ以上に映し出してくれる素晴らしいマシンです。
レンズはSEL2470GM。素晴らしい描写を誇るレンズ。

ソニー SONY ズームレンズ FE 24-70mm F2.8 GM Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL2470GM

まさに現代の技術の粋を集めたセットになります。
 

狙ったところにピントを合わせるのが難しい(というか合わせられない)

 それぞれのカメラで撮った写真を並べて見比べてみましょう。
TRIP 35はゾーンフォーカス方式なので、おおよその距離でピントを合わせます。
ピントを合わせようと思ってもぴったり合うことは難しいです。
というか雰囲気で合わせることしかできません。。。
TRIP 35
f:id:Studiocedarv:20181109172055j:plain
f:id:Studiocedarv:20181109172248j:plain
 
α7RⅲはEVFを見ながらピントを合わせることができるため、ビシッとピントが合います。だからこんなガリガリ系の写真も簡単にパシャりすることができます^^
α7Rⅲ
f:id:Studiocedarv:20181109172518j:plain
 

解像度の高い写真は撮れない

片方はフィルムカメラ、片方は超高画素カメラなので比較することがかわいそうなのですが、TRIP 35は解像度の高い写真は撮れません。ま、仕方ないですね汗
TRIP 35
f:id:Studiocedarv:20181109172041j:plain
α7Rⅲ
f:id:Studiocedarv:20181109172413j:plain
 

逆光に弱い

これはレンズの問題かもしれませんが、TRIP 35は盛大にゴーストやフレアが出ます。
これはもう『味』になりますね。 
TRIP 35 
f:id:Studiocedarv:20181109172125j:plain 
f:id:Studiocedarv:20181109172144j:plain
 
α7Rⅲも少しゴーストが出ていますがしっかりと描写できていますよね。
これはGMレンズの成果かもしれませんね。
α7Rⅲ
f:id:Studiocedarv:20181109172713j:plain 
 

構図を確認することができない

レンジファインダーカメラなのでファインダーをのぞいて見える風景とレンズを通して写す絵は光軸がずれてしまいます。
目測で写真を撮らないといけないので慣れが必要ですね。
TRIP 35 
f:id:Studiocedarv:20181109172139j:plain
f:id:Studiocedarv:20181109172214j:plain
 
α7RⅲはEVFを見ながら撮影できるので簡単にバッチリな構図を作ることができます。
α7Rⅲ
f:id:Studiocedarv:20181109172653j:plain
f:id:Studiocedarv:20181109172743j:plain
 

でもその場の雰囲気を写真に閉じ込めることができる

色々なデメリットがありますが、それでもTRIP 35を使うのは『その場の空気を閉じ込めることができる』からです。
デジカメは『写真』という二次元の風景を忠実に叩き出すことができますが、フィルムカメラはその場の『空気』を写真に納めることができます。 
TRIP 35
f:id:Studiocedarv:20181109172109j:plain 
f:id:Studiocedarv:20181109172219j:plain
何気ない風景をとりましたがその場の空気を閉じ込めることができました。
 
α7Rⅲ

f:id:Studiocedarv:20181109172319j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172347j:plain

α7Rⅲも素晴らしいカメラですが、フィルムカメラとはちょっと違う雰囲気の『絵』を叩き出しますね。

 

フィルムカメラも捨てがたい!

その場の空気を閉じ込めることができる数十枚に一枚の写真を求めてついつい撮影してしまいます。

フィルム代や現像代にお金がかかるので、頻繁に撮影することはできませんがこれからもちょくちょく使っていきたいと思います。 

 

 

TRIP 35で撮影した作例 

f:id:Studiocedarv:20181109172016j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172020j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172028j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172033j:plain 

f:id:Studiocedarv:20181109172045j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172051j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172059j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172104j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172116j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172120j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172148j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172153j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172158j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172202j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172223j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172228j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172232j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172239j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172244j:plain

 

f:id:Studiocedarv:20181109172252j:plain

 

 α7Rⅲの作例

f:id:Studiocedarv:20181109172427j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172440j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172507j:plain 

f:id:Studiocedarv:20181109172533j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172556j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172626j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172819j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172843j:plain

f:id:Studiocedarv:20181109172912j:plain