studiocedar の BKIT blog

RX100m6やLX100などのコンデジやミラーレスカメラネタを中心に、時々まちおこし情報をお伝えします!

写ルンです専用カバーを買ってみたらかっこよかった!

f:id:Studiocedarv:20180818084634j:plain

こんにちは。Cedar(シダー)です。

最近流行りの写ルンです専用のカバーを購入しました!

なんでもない写ルンですを一瞬でおしゃれに変えてくれる素晴らしいグッズです😅

 私が買ったのはこちら

FUJIFILM 写ルンです 専用ハードカバー ブラック LF UTSURUNDESU HARDCOVER BLACK

FUJIFILM 写ルンです 専用ハードカバー ブラック LF UTSURUNDESU HARDCOVER BLACK

 

ちょっとおしゃれなキットもありますよ。

FUJIFILM 写ルンです プレミアムキットII LF S-ACE NP FL 27SH 1 PREMIUM2

FUJIFILM 写ルンです プレミアムキットII LF S-ACE NP FL 27SH 1 PREMIUM2

 

写ルンです本体

 

作例をまとめましたので購入の参考にしてもらえると嬉しいです。

 

ルンですとは

1986年にフジフィルムから発売開始されたレンズ付きフィルム(

カメラ)です。

当時中学生だった私は、カメラもいらずにフィルムだけで撮影できるなんて!とびっくりしました。

「使いすてカメラ」なんて呼ばれたりもしましたね。

デジカメの登場などで一時は衰退していましたが、最近では若い人を中心にフィルムカメラの良さが見直され、「エモい」写真が撮れることから写ルンですの人気も徐々に復活してきています。

 CMも衝撃的でしたよね


デーモン小暮閣下 in フジカラー『写ルンです』CM

写ルンですと専用ケースを並べてみたところ。

専用ケースの大きさは写ルンです本体を一回り大きくした感じ。

最近のコンデジ よりもちょっと大きいです。

材質はプラスチックなので非常に軽いです。

f:id:Studiocedarv:20180818075048j:plain

写ルンです本体を中に収納してみました。

正面から見た写真。おしゃれなカメラに見えますよね。

f:id:Studiocedarv:20180818075617j:plain

上から見た写真です。

液晶が写っていますがシールです。😅

絞り調整などいろいろついていますが動きません。

上面で動くのはシャッターボタンだけ

f:id:Studiocedarv:20180818075625j:plain

裏面を見た写真です。

右上に写ルンです特有のフィルムを巻き取るレバーがあります。

ファインダーは写ルンです本体のファインダーを使います。 

f:id:Studiocedarv:20180818075634j:plain

底面の写真です。

大きく「MADE IN CHINA」って書かれてます。

作り自体はそんな感じです^^;

f:id:Studiocedarv:20180818075642j:plain

着!

ケース本体は上下に2分割します。

f:id:Studiocedarv:20180817173248j:plain

その中に写ルンですを収納する形ですね。簡単です。

f:id:Studiocedarv:20180817173320j:plain

写ルンですは一枚写真を撮るたびに手動でフィルムを巻かないといけないのでこちらから操作します。

f:id:Studiocedarv:20180818075649j:plain

の他

ファインダーは写ルンです本体のファインダーを使っています。

ここでは写っていないのですが、ファインダーをのぞくと専用ケースのレンズもどきが映り込みます。でもちゃんと撮れますよ😅

f:id:Studiocedarv:20180818075706j:plain

一番大きい嬉しさはこれですね。ストラップホールがついています。

ネックストラップやハンドストラップをつけたら使いやすさ、可愛さが倍増します。

f:id:Studiocedarv:20180818075731j:plain

手に持った感じ。

フラッシュを充電するためのレバーも正面から操作できます。

f:id:Studiocedarv:20180818075732j:plain

 

後に

いかがでしたか?欲しくなったでしょ?

デジカメに慣れちゃうと、撮った写真がすぐに見れないのはちょっとヤキモキしていましますが、後日現像されるのが楽しみになりますね。

最近では現像と同時にデータ化もできるみたいで、SNSへそのまま転送することもできますね。

フィルムカメラは古い技術ではありますが、上手に最新の技術・サービスと融合してきていると思います。

昔使っていたフィルムカメラを持ち出してもう一度フィルムカメラライフを楽しんでもいいかな?と思いました。

www.studiocedar.life